禁煙治療薬チャンピックスで【ラクラク禁煙】をはじめよう!

women are taking medicines and vitamins for help Sick and healthy

バレニクリンが働く

drugs

薬には、「商品名」と「成分名」という二つの名前があります。企業が販売に当たってつけた名前が商品名であり、薬の薬学的な名称が製品名です。
禁煙治療薬チャンピックスの場合、チャンピックスという薬を開発しているファイザー社が名付けた商品名です。一方、薬学的な名称としては「バレニクリン」となっています。チャンピックスを飲むと、バレニクリンという成分が働いて「ラクラク禁煙」をサポートします。

バレニクリンの働きは、ニコチンの代わりに「ドパミン」を放出させること。ドパミンは脳内で分泌される物質で、人に快楽やリラックス感をもたらします。
煙草を吸う人の脳内には「ニコチン受容体」と呼ばれるものができていて、そこに煙草の主成分であるニコチンが合体してドパミンが放出されます。普通の人はソファでリラックスしているときなどにドパミンが自然に放出されますが、煙草を吸う人は、煙草を吸ってニコチンを体内に入れなければドパミンが放出できない体になってしまっているのです。これが、いわゆる「ニコチン依存症」というものです。

バレニクリンは、そんなニコチンのかわりにニコチン受容体に合体して、ドパミン放出を行います。煙草がなくても、チャンピックスを飲んでいることでドパミン放出ができるようになります。こうして段々と煙草が「用済み」になっていくことで、自然な煙草離れが可能なのです。
「煙草を吸いたい気持ちがなくなる」「煙草を吸ってもマズいと感じるようになる」
その理由は、こんなところにあるのです。